産業医 女医 精神科医 英語対応可能 メンタルヘルス Company Doctor Occupational Medicine Physicians Industrial Physician 東京 渋谷 紹介 契約 選任 Tokyo Shibuya

                     東 京 産 業 医 事 務 所
   〜労働法規の範囲内に留まらず様々なニーズにお答えします〜
 

産業医略歴 :

Name;Nagako Sato,MD.,Ph.D


2007年12月

メディカルサロン北参道ビーンズクリニック 

開院





精神保健指定医  日本医師会認定産業


医 聖路加国際病院登録医



国立国際医療センター連携医



AMDA国際医療情報センター協力医

 当事務所では、企業からのニーズに答えるべく、産業医の先生をご紹介して参りました。例えば、あるアパレル系企業からのニーズは女医であることでした。全社員に対する女性の割合が他業種よりも多く、男性よりも女性の産業医の方が抵抗は少なく相談しやすい様です。また、あるIT系企業からは、産業医を選任しているがメンタルは専門外なので産業医を変更しようか、あるいは精神科医と新たに契約を結ぼうか迷っているというご相談もありました。社員のメンタルヘルスをマネジメントすることは、今はもはや企業の社会的責任であり、また労災認定などを回避するためのリスクマネジメントとして常識となっています。そのように考えますと、精神科の産業医を選任することがベストと考えます。さらに、昨今は外資系企業も増えまして英語対応ができる産業医の要請も増えております。しかしながら現状は多くの企業のニーズに産業医側は答えられていません。女性でかつ精神科医であるという産業医は非常に希少であるからです。また更に英語対応可能という条件が揃う産業医は極まれという状況です。企業様とのご契約は一期一会、何かのご縁でしょう。お気軽に当事務所までご連絡ください。


今、企業が最も注目する産業医の条件。

それは、女医精神科医、そして英語での対応が可能であること。当事務所では上記の3つの条件を兼ねそろえた産業医の先生をご紹介します。

産業医契約について

会社と担当医師との事前契約が必要です。基本的には年間契約とさせていただいております。金額等に関しては従業員数やニーズにより異なりますので、事前にお電話またはMail formにてご連絡ください。

なお、 職場巡視 につきましては、別途ご相談とさせていただいております。産業医としての長い経験と当院(心療内科)との連携も容易に可能です。お困りの企業様、初めて産業医の選任を行う企業様は是非お気軽にご利用くださいませ。現在、すでに数社との産業医契約を結んでおりますので、お困りの企業様はお早めにご連絡をくださいませ。担当する企業数にも限度がございますので、お断りさせて頂く場合もありますので、ご了承くださいませ。契約料金の詳細についてはこちらへ。

注意事項



交通費:職場巡視の際は職場巡視料(時間給)、交通費は別途請求させていただきます。


健康診断後の事後フォローの際は各種、検査データ等、お忘れなくご用意ください。当院では、健康診断等の実施は行っておりません。

    Medical Salon 北参道 Bean’s Clinic 心療内科 精神科

〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷3-15-6ビルトップ3Fビーンズクリニック

            Tel:03-5414‐3579  Fax:03-5414-3589

ビーンズクリニックのページへhttp://tokyopsychiatrist.jp/
English Sitehttp://tokyopsychiatrist.jp/for_foreigners/
○嘱託産業医依頼
Mail Formへhttp://tokyopsychiatrist.jp/Sangyoui/Mail_Form.html
Site maphttp://tokyopsychiatrist.jp/Sangyoui/Site_map.html
○よくあるご質問http://tokyopsychiatrist.jp/Sangyoui/Question.html
○職場のメンタルヘルスについてhttp://tokyopsychiatrist.jp/Sangyoui/Psychiatry.html
○復職判定についてhttp://tokyopsychiatrist.jp/Sangyoui/Second_opinion.html

To a customer who work for a foreign firm.

Are you looking for a company doctor in Tokyo? If you are looking for a company doctor in Tokyo who can speak with your employees in English, Dr. Sato will gladly consult with you. Please do not hesitate to contact us via a mail form as below.


Mail Form is here.

昨今では、働く環境の変化や雇用形態の多様化などにより、仕事に強い不安やストレスを抱える労働者が増加してきています。また、長時間にわたる過重労働により脳や心臓血管系の疾患を発症する危険性も高まっています。

平成18年には、、職場のメンタルヘルスの必要性や過重労働による健康障害の防止を目的に 労働安全衛生法も一部改正されました。

事業者や企業は労働者の心の健康作りの強化や過重労働防止策の強化などが求められるようになってきております。

これまでは、「形のある有害物質」に対しての職場の安全配慮が主でした。

しかしながら、メンタルヘルスは専門性が高く、理解しにくいのが現状です。なぜならば、ストレスや疲労は「形のない有害要因」であるからです。

今後は一層「形のない有害要因」、つまりストレスや疲労にたいして対応する時代となると言えるでしょう。従って、メンタルヘルスに関して、より専門知識のある産業医が求められるのではないでしょうか。

メンタルヘルス対策に明るい産業医の必要性